• ホーム
  • ふじおやまの恵みはここが違う

その理由は独自開発の『マイクロバブルを基本とする多段溶解製法』です。
マイクロバブルを基本とする多段溶解製法とは、水中に非常に細かい気泡を作り出す技術です。
この技術により、非常に細かい水素の気泡を作り出し、素早く閉じ込めることで、2.0~2.5ppmという非常に濃度の濃い水素水の商品化に成功いたしました。

ふじおやまの恵みを開けるとき、水素水が飛び出します。
不快に思われた皆様、申し訳ありません。
しかし、これこそが高濃度の水素水を皆様のもとまで届けたいと、開発を重ね、たどりついた結果なのです。
通常の缶入り飲料は満タンに入っていることはありません。
これは、缶を開けた時に飛び出さないように工夫されているからです。
あの隙間があることによって、こぼさず、汚さず缶を開けることができるのです。

しかし、水素水にとってあの隙間は禁物です。
水素水にとって1番大切なのは水素の濃度です。あの隙間は、水素濃度を下げる大きな原因の1つなのです。




ふじおやまの恵みの水素濃度は2.0~2.5ppmです。
これは、製造時の水素濃度ではなく、賞味期限までの水素濃度です。
私たちは、製造方法、充填方法、充填容器の研究開発を重ね、自信を持ってふじおやまの恵みを皆様にお届けします。